こんにちは!

人生を「ネコが為に生きてゆく」ことに決めた ゆんぼ です。


皆さんが飼っている猫ちゃんはうんちに砂をかけますか?


私の飼い猫はうんちに砂をかけてくれず、飼い猫がうんちをする度に飼い主がうんちに砂をかけていました。

そんなある日、ふと「他の猫はうんちに砂をかけるのに、なぜうちの猫はうんちに砂をかけないのだろう」と、そんなことを考えました。


今回は、猫がうんちに砂をかけてくれずに悩んでいる方向けに、うんちに砂をかけない飼い猫がうんちに砂をかけるようになった感動の話をしようと思います。

※本記事はあくまで私の飼っている猫のお話です。猫によって個性がありますので、確実な効果を保証するものではありません。また、筆者はいたって真面目です。




猫の気持ちになってみた



なぜ飼い猫はうんちに砂をかけないのか。
人に例えると、トイレを流さないことに相当するはず。

トイレを流さない人もたまにいるけど、それはなぜだろう。
流すレバーがものすごく汚くて流せなかった。とか、
流そうとしたけど水がでなかった。とか、
意図的に流さない人を除けば、トイレ環境になんらかの問題があったと考えるのが一般的だろう。


ひょっとして、飼い猫も本当は砂をかけたいけど、
トイレ環境に何らかの問題があって、砂をかけれないのではないかという仮説を立てました。

そこで、トイレ環境の改善(トイレのサイズを大きくし、猫砂の量を増やす)を検証することにしました。


原因はトイレ環境だった


あれほどうんちに砂をかけなかった飼い猫が、
トイレのサイズを大きくし、猫砂の量を増やした途端、うんちに砂をかけたのです!


砂の面積、深さを増やすことで、猫がうんちに砂をかけやすくなったと考えられます。

砂が多いと、結構穴を掘るようになりました。その穴にうんちが入ると、あとは上から砂を被せるだけです。これに対して、砂が少ないと、うんちに対してピンポイントで砂山を作ってあげないとうんちを隠せませんよね。

また、以前は飼い猫がうんちの後に、砂が無い場所(トイレの縁とか、床、壁)に対して砂をかける仕草をしていました。トイレが小さかったのかもしれません。


まとめ


我が家の猫は、以下2つのポイントでトイレ環境を改善してあげることでうんちに砂をかけてくれる確率が増えました。


  1. 猫砂の量を増やす

  2. トイレのサイズを大きくする



猫がうんちに砂をかけてくれなくてお困りの方はぜひ試してみてください。

スポンサーリンク